商品やサービスは何もせずに自動的に売れることはまずありません。現在は有名になっている商品であっても、有名になるまでには絶え間ない広告宣伝を行ってきました。営業とはモノを売るだけでなく、存在を知ってもらう意味合いもあるのです。営業専門の営業マンというスタッフが存在することからも、営業の大切さを実感できるでしょう。

営業を効率化させるためには営業支援が役立ち、時間あたりの効果を高めることができます。例えば顧客に対して営業するとき、具体的にいつ行えばよいのか漠然としないという企業は多いでしょう。もしアプローチをする最適な時間が判明すれば、時間あたりの営業効果はアップします。時間をムダにしないためには、時間を大切に使うことが基本です。

営業支援では顧客の悩みを迅速に解決してあげることも重要になります。顧客が商品を購入しない理由として、何らかの不安があるかもしれません。人は不安があると行動を躊躇したり、消極的になったりするのです。不安を解消することで、商品に対するデメリットよりも、メリットを強調することができます。

このように営業支援は顧客をサポートし、営業利益を上げるために欠かせません。大切なのは顧客目線になることであり、利益だけを追い求める方法は得策ではないです。一時的に利益が増えても、顧客に冷たい営業手法では、いずれ売れ行きが停滞してしまう可能性があります。営業支援は自社ではなく、顧客目線で考えることがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です