社内に営業成績のグラフを貼っている企業は少なくないでしょう。グラフというデータで示すことにより、成績が明確になるからです。自分の立ち位置を知ることにより、自分の強み、改善するべき点などが見えてきます。営業は自己流の方法で行うという人が多いですが、その方法が効率的とは限りません。

営業には向き不向きがあるので、営業スタッフによって顧客へのアプローチを変更していく手法も必要でしょう。営業力を強化するためには、営業支援ツールが重宝します。さまざまなツールが登場しているので、自社に合ったものを選択してください。営業支援により営業成績を見える化できれば、今後の対策もわかってきます。

例えば、顧客へのアプローチ件数が少ないのであれば、それを増やしていく必要があるでしょう。営業にかける時間も無視できず、ひとりの顧客に対して消費する時間が長すぎれば、1日に営業できる人数は減ってしまいます。人数をある程度増やすためには、営業時間の短縮が必要になるわけです。営業支援ツールを活用すれば、自身では気づかない盲点を発見し、営業スタイルを最適化させることができます。

営業支援ツールは上司が部下の活動状況を把握するためにも役立ちます。営業スタッフのなかには、サボってしまう人が稀に出てくるのです。特にひとりで営業をする状況ですと、車内で眠ったり、パチンコをしたりする人もいるわけです。こうしたムダを防ぐためにも、営業支援による営業スタッフの管理が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です