営業支援をしたい。そう思ってはいるものの、何から手をつけたら良いかがわからず、その一歩を踏み出しかねている企業も結構多いかもしれません。しかし、始める際にすべきことはそれほど難しいものではありません。営業支援にあたっては、まず営業活動履歴を可視化することが必須です。

これは、それら記録の可視化を行うことことで既存の顧客の対応に追われて新規顧客を開拓できていないのか、あるいは資料作成に時間がかかってしまい営業の本来すべきコア業務に時間を費やせていないのかなど、具体的な課題が見えてくるためです。まずは現状の営業部門内にある課題を共有することで、解決のためにどのような営業支援が必要かを次に考えます。また、効率的な営業支援にあたっては顧客リストの作成も欠かせません。その際には顧客の情報だけでなく案件の進捗状況や受注角度の高さなどできるだけ多くの情報を記載することが重要です。

なお、この存在により担当者が不在のときでも他の社員がスムーズに対応できる環境を手に入れることができます。加えて、効果的な営業手法がどのようなものなのか。その手法の特徴を営業部門全体で共有する行為も営業支援と言えます。どのようなアプローチを行って契約にいたったか。

その情報を営業部門全体で共有することができれば、無駄なく効果的な売上アップを見込めます。個人のスキル磨きも大切ですが、部門全体のレベルアップにつながる仕組みづくりを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です