営業の主な仕事は顧客との信頼関係を構築することと商品やサービスの販売になりますが、そのためには顧客のニーズを聞き出しソリューションを提示しフォローアップが必要です。そして営業支援の目的は営業担当者を主業務に集中させることで、適切な営業支援を行えば売上アップとコスト削減が同時にできるようになります。そのためにはまずは現在の営業業務を明確にすることが大切で、マーケティングプロセスを確認したりマーケティングチャネルを評価する必要もあります。そして具営業支援としてまず販売プロセスの視覚化を行うことですが、リード創出から初回アポイントにヒヤリングに提案からフォローアップ、クロージングの枠組を明確にします。

次に各作業をマーケティングと営業、営業サポートに分類して営業の仕事を明確にした後は、営業スタッフが行っていた営業以外の仕事を振り分けたり効率化を進めます。それから営業業務を効率化する上でシステムの導入は有効ですが営業システムを使えば、エクセルなどで都度PCを開き業務報告する手間が省けます。営業システムを使えばスマートフォンを使って外出先からでも業務報告ができるようになり、報告した内容を社内の商談リスト顧客リストといったデータに自動で反映できます。営業システムはどの方法がリード創出に有効かを判断する上で役立つので、リードがどこで得られたか等の顧客情報を正しく入力すると瞬時に効果の高い集客法を解析します。

さらに顧客からのフィードバックをデータ化共有できるので、顧客の状況を正確に把握でき最適な提案が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です