営業支援というのは、営業担当者が顧客に対するアプローチなど、コア業務に集中して取り組むことができるよう環境を整えることを意味する言葉です。なお、コア業務というのは顧客が抱えている課題のヒアリングや案件化するための解決策の提案、新規顧客の開拓、既存顧客に対するルート営業、顧客に対するアップセルクロスセルなどを行う業務が該当します。そして、そんな営業担当者がメインであるコア業務に集中できる営業支援を行うと、さまざまな効果を見込めるため、近年高い注目を集めています。例えば、営業のコア業務に費やせる時間を増やすことは当然売上がアップしやすくなる点はその導入にあたっての最大のメリットです。

また、支援を通して営業活動の課題を見つけることができればこれまで気付けなかった角度から業務の質の改善を行えます。加えて、営業担当者の負担を減らすことも可能です。これは、多くの営業担当者は営業活動以外にも日報の作成や会議などの事務作業に追われていて、それらに多くの時間を一般的に割いています。一方で、営業支援を行えばそれら日常業務の負担から解放される点も魅力と言えます。

さらに、営業活動の効率化をはかれる点も営業支援の特徴であり魅力です。これは、営業支援にあたっては営業担当社間のスケジュール共有が欠かせません。そして、その連携は結果として無駄のない活動につながります。合わせて、上司が部下の予定を把握しやすくなる点もその活用のメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です