SFAとは、企業が導入できる営業支援システムのことです。英語では、セールスフォースオートメーションと称されており、その頭文字を取ってSFAと呼ばれています。企業の営業担当者が、多岐にわたる業務内容を日々入力していくことで、SFAが自動的に管理や分析をしてくれます。SFAを行うためのITツールを使うと、売上予測、顧客や案件管理、報告書や見積書の作成、次の訪問先を教えるなどの行動管理もできます。

SFAとは、営業活動や顧客情報などを可視化できるシステムです。さまざまな業務の負担も減らせるので、顧客にはさらに丁寧な対応が可能になり、業務の効率化を図って売上アップが期待できるといわれています。また、SFAを効果的に活用していくことで、担当者同士で営業ノウハウを共有できるというメリットもあります。業務の引き継ぎも大変スムーズになり、優れた人材を育成することも可能になります。

SFAとは、営業活動の管理を自動化して幅広く活用しながら、企業の収益を向上させることが目標のシステムです。営業担当者の経験に頼ることなく、顧客へのアクションをどう実行していくかについても、SFAを確認しながら効率的に検討できるようになります。近年は、SFAの価値を理解して、システムを導入する企業が増えてきています。SFA導入の際は、研修やバックアップを行うなど、社員がシステムの操作に慣れるまではしっかりとサポートすることが大切です。

SFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です