CRMとは顧客管理システムの総称であり、商品とユーザーの親和性を高めるツールです。顧客の属性や特性などの情報と、商品の情報を一元管理しどのようなユーザーが商品を購入するかを把握することで同様の属性に対して広告配信するなどによって販促を強化することが可能となります。利用に最適なのは利用するユーザー数が比較的多いと思われる商材であったり、顧客数が膨大で管理が煩雑になってしまう場合などです。逆を言えば対象となる顧客数が少ない場合、例えば取引先が限られていて人による管理が可能な場合は不要と言えます。

また、限定的な商品や競争の少ない商品などについても、わざわざ利用する必要はないでしょう。CRMとは、人が管理できないような膨大な情報量を一元管理するのに向いていると言えます。次に大事なのは顧客と商品をつなぐにあたって、課題が何かという点を明確にすることです。CRMとはあくまで得られた情報をもとに集約・管理し分析するツールのため、このシステムを導入すればすべてが解決する類のものではありません。

顧客からの情報を吸い上げ、その情報をもとに商品の改善や販売経路の拡大などの目的があれば合致すると言えるでしょう。またこれから市場が拡大していく分野で早期に導入することは、ブルーオーシャンを席巻することも可能なのでスピード感が重要になってきます。レッドオーシャンの場合は、多様なニーズを分析するのに向いていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です