CRMとはどのようなものか考えていく際に、顧客情報が一元で管理でき、顧客の満足度向上につながるなどのメリットばかりに注目してしまう方も多くいます。ですが物事には、メリットがある一方デメリットも存在しています。デメリットを無視して導入すると、自社に合わない形で仕組みを取り入れてしまって業績の悪化につながるリスクもあります。より良い形で導入するためにも、CRMとはどのようなデメリットがあるものかという点も理解したうえで導入を検討しましょう。

CRMにおけるデメリットの1つが、顧客データの構築には時間がかかるという点です。システムを導入しても、中身のデータがない状態だとCRMをマーケティングの仕組みには使えません。まずは営業社員が個別に管理しているデータなどを1つにまとめてCRMの仕組みを利用できるようにしましょう。ただしCRMとは、個々で扱っているデータが多いと、導入してから利用できる状態になるまでに時間がかかる可能性もあるので注意が必要です。

また導入時に注意が必要な点には、費用の問題があげられます。実際に仕組みを導入する場合、導入コストや運用コストが必要になります。CRMとはオンプレミス型やクラウド型、アカウント数やデータ容量によって料金体系は異なります。料金体系の違いを考慮したうえで、自社に必要な機能があるシステムを導入しましょう。

最初は比較的安価なクラウド型のシステムを導入してみるのも1つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です