CRMとは顧客を中心に考えて、ビジネスをしていき、業績をあげる手法になります。CRMとは顧客単位での情報処理をすることができ、顧客の氏名・年齢・性別などの情報の管理の他に、購入品目や購入費用などの購買情報・購買実績などを商品ごとに管理する情報管理機能があります。会員の情報を一元化して問い合わせに関するときに発生する管理コストや情報漏えいを防ぐ大切な役割もあります。メール配信機能を用いて販促活動からマーケティング分析まで会員情報を活用することができます。

問い合わせでは、内容や履歴が可視化することができるので、しっかりとした対策をすることができるようになります。また過去にあったよくある問い合わせ内容を質問箱を用意して同じような問い合わせに対応できるので、問い合わせの数を減らすことができます。アンケートを実施することで、その結果を集計・解析することで、よりよい商品やサービスを提供することができるようになります。CRMとはとてもメリットが多いシステムで、部署の間で顧客情報を共有することができたり、正確な分析をすることができるので、顧客に適切なサービスの提供をすることができます。

顧客管理など全てをエクセルで管理するには、たくさんの時間や手間がかかるようになります。効率化が悪くなったり、余計なコストが発生したりするので、分析が情報処理を自動でおこなうことができるCRMを導入すると、効率性が向上して利益につなげることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です