テレビ会議のシステムを取り入れることで、遠隔地の本社と支社間でテレビを使って会議を行うことができます。テレビ会議システムのイメージとしては、会議を行うためのツールがあると言えますが、会議はもちろんのことその他の様々な用途があります。遠隔地におけるディスカッションやミーティングに使用することで、即座に行うことが可能でリアルタイムでの情報共有が可能になります。テレビの画面を通してお互いに対面することによって、お互いの理解を深める効果を高めることができます。

遠隔教育として使用することによって、多様な地域の生徒に一斉に講義を行うことが可能で、リアルタイムで話ができる新しいコミュニケーションを実現させることができます。テレビ会議のシステムでは、別のソースと組み合わせることによって効率の良い会議を実現できます。PCで映像を送受信させることが可能なシステムを使用することで、手軽に資料を共有することが可能になります。資料カメラと外部の映像流力ポートに接続をさせることで、紙資料などを接続先と共有できるようになります。

精密機械の基盤やパーツなどに関しても立体的に拡大して表示させることが可能で、工場や営業拠点におけるコミュニケーションとしても効率的に活用できます。DVDプレーヤーと接続することで、DVDやビデオの映像を使用してプレゼンテーションが行えます。イベントやセミナーの際には、大画面に映像を映し出すことで通常のモニターでは行うことが難しかったものであっても、大きく表示することが可能でプロジェクタとしての使用方法も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です