テレビ会議は会議室などに設備を設置して、テレビカメラを通して映像を映し出して会議を行えるシステムです。遠隔地の相手と会議を行う方法には電話会議もありますが、これと比較して相手の表情を見ながら会議を行え、資料を映しながら説明を行える特徴があります。これにより意思疎通が取りやすくなり、業務を円滑に進められるようになります。テレビ会議では各拠点で人を集めて行うものであり、大人数での参加も容易になります。

しかし、参加が容易だからとなんとなく参加しているのでは意味はありません。表情を見ることができるため、相手がこちらの話している内容を本当に理解できているのかなどを感じ取ることができます。ただし、画像はテレビカメラを通しているため、顔がテレビカメラを向いていなければ表情は伝わりません。テレビの方を意識しすぎてしまうとテレビカメラから顔がそれてしまうため、カメラの設置位置には注意が必要です。

テレビ会議を利用する場合、時々回線トラブルが起きることもあります。復旧に手間取ってしまうと時間が無駄になってしまうため、システムを設置している各拠点にメンテナンスを行える人を用意しておき、トラブルの発生時に備えておくと良いです。テレビ会議によって遠隔地の相手と会議を行いやすくなり、移動時間や費用を削減できますが、これだけでは十分に意思の疎通を取れないケースもあります。また、長時間の会議では会議室を占有して他の人が利用できなくなってしまうため、必要に応じて実際に会って会議を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です