企業にとって、出張費、移動費、経費といった大きな経費の削減がテレビ会議の価値であると言われていますが、本当は目に見えないコミュニケーションによる効率があがることにあります。コミュニケーションを活性化させることが最も大きな効果になることと思われるのです。企業にとって出張を全く無くしてコミュニケーションをうまく図ることはできません。それでも、それの回数を減らして、その分の経費をテレビ会議のシステムを導入して、今までより以上の出張によるものより大きな効果が認められるようになった場合には経費の削減に大きなものになります。

テレビ会議では相手の顔を見て、話すときの雰囲気などもよくわかり、意見の交換も活発にできるのです。お互いの意思の疎通が電話やメールだけでは伝えることもある程度のことだけになってしまい、発信者の思いとは違うように受け取られたりすることなどもあったりしたものです。それをテレビ会議の利用をすることにより、今まで以上の、そして多くの人との関係を築くことができるようになります。仕事をしていく時には、相手との連絡などの方法にはいろいろと変化がありました。

手紙やハガキの時代を経て、電話やFAXでコミュニケーションをとってきました。そして近年ではパソコンの普及によりメールを使っての連絡などが行われています。そして、これからはテレビ会議を使った、コミュニケーションを図るとともに、仕事の内容などの周知に利用されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です