コンテンツマーケティングを成功させるには目的の明確化が不可欠

近年の検索エンジンにおける精度の向上はめざましく、それに伴った形でコンテンツマーケティングを取り入れる事業者・企業も少なくありません。新たな集客手段として注目を集めている手法ではあるものの、明確な目標・目的もなしに取り入れるのは危険です。将来的な顧客となりうる、潜在的なユーザーに向けて発信するのがコンテンツマーケティングの性質であると理解することが大事になります。まずコンテンツマーケティングを実施して、期待すべき最終的な目標はファンの獲得です。

記事や動画を投稿して、検索流入数を増やしていく作業を繰り返す中でアクセス数の増加が最終目的と勘違いしがちになるため注意してください。手段と目的がすりかわってしまえば、施策を実行する効果が薄れてしまいます。メディアの運営を成功に導く上で、KPIの設定は不可欠です。一方でつい分かりやすいPV・セッションのみを重視してしまいがちであるため、注意が必要です。

もちろん運営初期は手探り状態であるため、それを指標の1つとするのは良いでしょう。しかしある程度慣れてきたらPV・セッションだけでなく、新規ユーザーやリピーターを計測するなどさまざまな指標を考慮した方が良いです。加えて資料請求やメルマガの登録など、集客・ファン獲得に繋がるアクションも指標の1つとして取り入れるのも有効です。取り扱う製品・サービスによっては、こういった接点が増えるためのアクションが有益となります。

コンテンツマーケティングのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*